31日間無料トライアル実施中!


シグナル(ドラマ)稲垣吾郎出演の噂と真相とは?坂口健太郎の役どころや演技評価も!

こんにちは、こうじです。

シグナル 長期未解決事件捜査班は、2018年4月10日火曜日21時から放送開始する新ドラマです。

このドラマは昨年10月に、稲垣吾郎さんが出演すると噂が出ていたドラマです。

ところが、今年2月に坂口健太郎さん主演と発表され、その後主要キャストが発表されましたが稲垣吾郎さんの名前はありませんでした。

そこで、その噂の出どころと真相を調べてみたいと思います。

稲垣吾郎出演の噂とその真相!

噂の発端は、昨年10月に週刊新潮さんの公式Twitterに、“敏腕マネによって稲垣吾郎が来春に8チャンネルのドラマに出演が決まったという声が。

というツイートがあり、そこからフジテレビのドラマ出演の噂が広まったと思われます。

そのツイートから、デイリー新潮さんの記事を一部抜粋

「来春のフジテレビ枠のドラマで、稲垣の起用が決まったと聞きます。

制作は系列の関西テレビというのがミソでして、在京キー局では手を挙げられないので、地方から攻めたのでしょう。

飯島さんはジャニーズの時にも、関テレにパイプがありましたからね」

この記事から、フジテレビのドラマから関西テレビ制作のドラマということがわかり、そこから「シグナル」出演の噂が一気に加速したと思われます。

その噂を聞いたファンの反応

https://twitter.com/nekonomary/status/920889166455455745

https://twitter.com/NEW_S_MAP0818/status/920821089135083520

https://twitter.com/zwoRgKLvtK6mmeP/status/920790380810866688

https://twitter.com/tmap79/status/920731536642551809

https://twitter.com/narpitto/status/920638338196848640

稲垣吾郎さんは、異色の役でも定評があり、関西テレビさんでは『ブスの瞳に恋してる』・『ソムリエ』などに出演経験があるので、そのつながりかなと個人的にも地上波ドラマ復帰を期待していました。

ですが、その噂は見事に覆されました。

11月に制作側の関西テレビさんの社長は、その噂を「どこでどういう報道がされたかは存じあげませんが、そういう事実はございません」と完全否定されました。

引用元

正直期待していただけに残念ですね。

やっぱり、古巣のJ事務所からの圧力なのか、それともテレビ局側の“忖度”なのか、そもそもそういった話がなく話題作りのガセなのか、憶測の域をでませんでした。

その後のTwitterの反応は…

https://twitter.com/all_gw_294/status/973558268097265665

こういったツイートもあるので、出演を期待しているファンの方の為にも、脇役やゲスト出演等の発表があることを願っています。

個人的にはこのドラマでなくても、フジテレビのドラマ「コンフィデンスマンJP」のゲスト出演に、稲垣吾郎さんが出演したら面白くなるかもしれないなと想像してみたり…まぁ可能性的には低いかもしれませんが、圧力や忖度の噂自体を払拭したいなら地上波ドラマ出演方向にした方がテレビ局側にとっては良いとは思いますけどね。

そういえば、このドラマは坂口健太郎さん初主演ということでも注目されていますね!

そこで簡単に、あらすじやキャストを紹介したいと思います。

シグナル 長期未解決事件捜査班のあらすじは?

View this post on Instagram

・ ✨大阪取材会✨ 坂口健太郎さんが先日、大阪にあるカンテレ大阪本社に🙌 ・ 日本では大阪にあるカンテレ本社でしか見ることのできない、高さ8メートルの巨大看板。 ・ 坂口さんは「大きい~!」と大喜びでした! ・ 坂口さんご本人と大看板との貴重な2ショットです📸 ・ 番組HPでは、坂口さんの取材会のリポートを掲載中💡ぜひチェックしてくださいね👀 ・ https://www.ktv.jp/signal/topics/08.html ・ #シグナル #長期未解決事件捜査班 #坂口健太郎 #北村一輝 #吉瀬美智子 #木村祐一 #池田鉄洋 #青野楓 #神尾楓珠 #甲本雅裕 #渡部篤郎 #火9ドラマ #BTS #防弾少年団 #カンテレ #巨大看板

A post shared by シグナル 長期未解決事件捜査班 (@signal_ktv) on

主人公の三枝健人(坂口健太郎)が小学1年生の時に、一人の女子児童が下校途中に誘拐・殺害される事件が発生。

健人は、女子児童を連れ去る謎の女を目撃した。

ある男を指名手配し行方を追う警察に、健人は犯人は女だと訴えるものの小学生の証言だからか相手にしてもらえない。

管理官の中村慎之介(渡部篤郎)、刑事の大山剛志(北村一輝)や岩田一夫(甲本雅祐)らは、捜査を続けるが犯人の手掛かりが得られず、未解決のまま時効を向かえようとしていた。

15年後健人は、独学でプロファイリングを学び警察官になっていたが、過去の事件のことがあるため警察を信用せず、先輩刑事の桜井美咲(吉瀬美智子)や山田勉(木村祐一)から目を付けられてしまう。

そんなある日の夜、健人は廃棄されるはずの無線機から、誰かが自分を呼ぶ声に気付きます。

声の主は大山という刑事で、健人と同じ事件を追っていて手がかりを話します。

大山とは面識もなく半信半疑の健人でしたが、ためらいながらも無線越しに聞いた場所に向かうと、大山の姿はなかったものの、何者かの白骨遺体を発見してしまう。

大山と交信を続けるうちに、健人は大山が過去を生きている人物だと知り、謎の無線機からの“シグナル”で、“現在”と“過去”の2人の刑事が協力して時効目前の未解決事件の謎を解き明かしていくヒューマンサスペンスドラマです。

坂口健太郎の役どころや演技評価は?

主人公の三枝健人は、独学でプロファイリングを学んだ城西警察署地域課の警察官。

幼い頃に起きた自身も関わりのある女子児童誘拐殺人事件や、兄が自ら命を絶つ原因となった過去の事件で心に深い傷を負って以来、警察を全く信用していないので、冷静な判断力と観察力、そしてプロファイリングの知識を活かし、いつか自らの手で兄の事件の真相をつかみたいと“内なる情熱”を秘めた芯の強い男を坂口健太郎さんが演じます。

役柄的にかなり心理的な役作りが要求されるとは思います。

そんな坂口健太郎さんのインタビューが公開されていたので、ご紹介しておきます。

みなさんの演技評価は?

「ナラタージュ」観たかった映画だったので、この評価等を見てたら気になりました!

「コウノドリ」観てました。あの自信満々な時からの挫折感の演技がとても印象的だったのを覚えています。

https://twitter.com/tsunko_diet/status/978025208148770816

評価を調べていくと、総合的に演技が前より上手くなってきたという高評価が多い感じがしますね。

それを裏付けるかのように、満を持しての主演ドラマと言っても過言ではないでしょう。

まとめ

稲垣吾郎さん出演の噂は、残念ながら現時点での出演予定はないことがわかりましたが、今後の展開次第では脇役等の出演を期待したいところですね。

原作となったドラマは、リアルな人間描写と緻密な構成で、韓国国内で数々の賞を獲得したそうです。

「シグナル 長期未解決事件捜査班」は、その韓国ドラマのリメイク版ということもあり、本家のファンや本家を知らない方も観ることでしょう。

実力を付けてきた坂口健太郎さんの演技にも注目しつつ、現在と過去の二人の刑事がどう未解決事件に挑み解決していくのかが楽しみです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.