31日間無料トライアル実施中!


『デイジーラック』の主題歌のCrystal Key『幸せって。』が最高すぎる!ドラマあらすじ紹介も

『逃げ恥』の作者・海野つなみさんのマンガ『デイジー・ラック』が、NHKにてドラマ化されることになりました。

一度は連載打ち切りになったという17年前の思い出の作品みたいです。

主演は、出産後初の佐々木希さんです。

そのドラマの主題歌は、2016年フジテレビ系「ノンママ白書」以来2年ぶり、Crystal Keyさんの『幸せって。』と発表されました。

今回は、Crystal Key『幸せって。』の主題歌とドラマのあらすじ等をご紹介していきたいと思います。

主題歌&挿入歌

ドラマのために書き下ろされたCrystal Kayさんの待望の新曲です。

ミディアムナンバーで、女性の背中を押すような楽曲になっていて、ドラマの予告にも流れています。

第一印象は、ドラマの為に書き下ろししただけあって、ピッタリだなと思いました!

なにかと人と比べがちな”幸せ”のランクですが、この歌詞に『幸せは競うモノじゃなくて、幸せに正しいはないから』という部分や『気付いてね、ほほ笑んでる自分に、探し物はそこにあるから』の探し物はおそらく”幸せ”かなと…。

この曲は、女性にとってある意味変なプライドや意地をなくして、小さな幸せに気付かせてくれるそんな楽曲ではないでしょうか。

この主題歌と共に、展開していくドラマに期待したいと思います。

主なキャストとあらすじ

山城楓:佐々木希

30歳を目前にしてジュエリーショップでの仕事と、結婚を夢見ていた恋人の両方を失ってしまい、甘かった人生観を思い切り後悔してしまう。

周防薫:夏菜

エステサロンの営業職として、自己実現を図るべく精力的に働く。

仕事にまい進する一方では、年下の彼氏に二股をかけられるなど、プライベートでの幸せはなぜかなかなか手に入らない…。

讃岐ミチル:中川翔子

https://twitter.com/shoko55mmts/status/982827863970799616

フリーのバッグ職人で、独特の美意識によって作られるそのバッグは、一般受けせず、売れ行きは振るわないため、金銭的にかなり苦しい生活を強いられている。

岩代えみ:徳永えり

ひと回り年の離れた人と幸せな結婚をして、唯一の既婚者で専業主婦となったが、甘い新婚生活を満喫するには程遠い毎日。

安芸開人:鈴木伸之

View this post on Instagram

#JJ #5月号 #是非見てください✨

A post shared by 鈴木伸之 (@nobuyuki_suzuki_official) on

ヨーロッパでのパン作り修行から3年ぶりに帰国し、職人としての腕は素晴らしく、面倒見も良い人物だが、とことん仕事には厳しい。

大和孝一郎:桐山漣

薫のライバル会社の営業担当。

周防貴大:磯村勇斗

薫の実弟で、出版社で働き、情報誌のライターで映画コーナーを担当している。

岩代隆:長谷川朝晴

えみの夫で、温厚で優しく、紳士で完璧な夫だが、仕事が忙しいのでえみになかなか構えない。

あらすじ

https://twitter.com/shoko55mmts/status/983498948831662081

初回放送 4月20日㈮22時~(45分全10回)

子供のころ「ひなぎく会」という名前をつけて集まっていた幼なじみの楓(佐々木希)、薫(夏菜)、ミチル(中川翔子)、えみ(徳永えり)の4人。

えみの結婚式で久しぶりに再会するが、まさにその日、楓は勤務する会社が突然倒産し、恋人からも振られ、30才目前で仕事も恋も失ってしまう。

楓は、子供のころの夢だったパン職人になることを決意し、町のパン屋に勤めるものの、パン作りの道は険しく、先輩の職人・安芸(鈴木伸之)の指導も容赦がない。

楓の新しい人生の始まりとともに、高級エステサロンの仕事にまい進する薫、極貧のカバン職人のミチル、新婚のえみの日常も、それぞれに思いがけない展開を見せていきます。

アラサーになってみると感じる、30代への漠然とした不安と共に、大人として安定したい一方、このままでいいの?と悩むこともあるでしょう。

そんなアラサー・アラフォー世代に共感出来るドラマだと思います!

NHK『デイジーラック』予告編

まとめ

今回は、『デイジーラック』の主題歌とあらすじをご紹介いたしました。

Crystal Key『幸せって。』の曲は、迷ったり、悩んだりしながらも”幸せ”になりたいと願う気持ちに寄り添いつつ、”幸せの大きさ”を比べず自分らしい幸せに気づかせてくれる最高な楽曲になっていて、ドラマにもぴったり合っていると思います。

そして、「ひなぎく会」の女子4人が、個々の幸せに向かって奔走し成長していく姿を期待しつつ観ていきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.