31日間無料トライアル実施中!


コンフィデンスマンJPの主題歌はOfficial髭男dismのノーダウト!動画やプロフィールも

楽しいドラマの時間、こんにちわ管理人です。

4月9日から放送がスタートする2018年春の月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」。

そのコンフィデンスマンJPの主題歌を歌うのは、なんと!

インディーズのピアノバンド「Official 髭男dism(オフィシャルヒゲダンディズム)」の新曲なんです。

「Official髭男dism」とは一体どんなグループなのでしょうね。ちなみに、月9ドラマでインディーズアーティストが主題歌を担当するのは初めてなんだそうです。

まだまだ知らない事だらけの「Official髭男dism」の気になるメンバーやプロフィール、主題曲はどんな歌なのかなど気になる情報をご紹介していきたいと思います。

Official髭男dismとは?

2012年6月7日に結成されたOfficial髭男dismは、山陰地方を中心に活動をしていました。そして、コンセプトは“ポップで親しみやすいこと”だそうです。

気になるバンド名についてですが、練習していたスタジオに貼ってあったポスターの外人男性の髭がかっこよかったからノリで決めたらしいです!

ノリとは別に、髭の似合う年になっても誰もがワクワクするような音楽を続けたいという意味も込められているようです。

少し長めのバンド名なので、通称「髭男(ひげだん)と呼ばれているようですね!

2014年に行われたFM山陰の「第8回アマチュアバンドコンテスト2013」では、初出場ながらグランプリを獲得!!

その後、初のアルバム「ラブとピースは君の中」をリリースし新人としては異例のiTunes J−POPチャートにてTOP10にランクインされました。

Official髭男dismメンバー紹介!

Vo.藤原さんが島根大学在学中に同じ軽音部だったBa.楢崎さんとDr.松浦さんに声をかけて結成しました。

小笹さんとは、別バンドで対バンした際にお互い「Children Of Boodom」というメタルバンドが好きだと知り意気投合して参加したそうです。

そして、2016年2月に活動を本格化させる為に上京し、今では4人でシェアハウスをして暮らしています。

左端:松浦匡希/左:小笹大輔/右:楢崎誠/右端:藤原聡

小笹 大輔(オザサ ダイスケ)/ギター・コーラス


大学時代専攻していたのは「電子情報システム工学」で、カオス理論を研究していたらしく卒論のテーマは「カオティックブレイク実装によるニューラルネットワーク」だそうです。
なんだかとても難しそうですよね…。
なんと、コンパクトエフェクターの自作・改造が出来るそうです。
Hi-STANDARDのコピーからギターを始めていて、パンク・メロコアが好きだそうです。

藤原 聡(フジハラ サトシ)/ボーカル・キーボード


作詞・作曲を手がけています。
鳥取県出身で、高校時代は吹奏楽部でパーカッションを担当していたらしく実はメタルが好きなんだとか。
ボーカルを始めたのはOfficial髭男dismを結成してからのらしいのですが、とても綺麗な声で聞き惚れる人も少なくないと思います!!

楢崎 誠(ナラザキ マコト)/ベース・コーラス


音楽の教員免許を持っていて、島根県警察音楽隊でSaxを吹く仕事をしていたそうです。ライブでもsaxを披露しているらしく「55」や「ブラザーズ」という曲ではバリトンサックスを実際に吹き録音しているそうです。

松浦 匡希(マツウラ マサキ)/ドラム・コーラス


子どもの頃から剣道を習い中学生の時には剣道初段を取得していたそうです。
アニメに関する知識が広く、釣りが趣味のようです。
DRUMSの月刊誌にも載ったことがあるようなので、気になる方はチェックですね。ちなみに掲載されたのは、2017年1月号です!

コンフィデンスマンJPの主題歌は?

Official髭男dismがドラマのために書き下ろした新曲です。

曲名は、「ノーダウト」。

残念ながら、ドラマ放送前ということもありまだ動画は配信されていませんでした。

「コンフィデンスマンJP」は、コメディー感の強いドラマということなので、Official髭男dismのコンセプトの“ポップな曲”に仕上がっているのではないかと予想しています。

この主題歌が発表された時の髭男のコメント

「今回このようなお話をいただき大変光栄です。作品に対する思いや熱意、世界観をお伺いし、“月9らしらというよりも、ドラマの世界観と髭男の持ち味を融合させた楽曲を作ってほしい!”というお言葉と、何より作品に創作意欲が刺激され、主題歌を書き下ろしさせていただくこととなりました。知名度もまだない、いちインディーズバンドの僕らですが、とてもカッコいい楽曲が完成しました!ドラマに少しでも花が添えられれば幸いです。」

4月11日には、主題歌「ノーダウト」も収録したニューアルバムも発売を予定しているそうなので主題歌を聞いて気に入った人はCD販売店に足を運んでみるのもいいかもしれませんね。

コンフィデンスマンJP出演者の主題歌についてのコメント

〜長澤まさみさんのコメント〜

「陽気な感じがステキです。このドラマのテンポよく軽快なストーリーに併せて新しく作ってくださり、物語に寄り添って盛り上げてくれるような曲になっているなと思いました。この楽曲が映像と組み合わさった時に、この楽曲の良さがより一層ます気がして、ドラマとこの楽曲との化学変化が楽しみです」 
引用元

〜東出昌大さんのコメント〜

「物語の中で僕らはデカい詐欺をたくさんやっていて、危険と隣り合わせなんですが、その危険さが歌詞やセクシーな歌声からも出ていて、色っぽい曲だと感じました。“あぁ、これがテーマ曲なんだ”と素直に嬉しかったです。このドラマは、ものすごく痛快でド派手なエンターテイメント作品になっていると思うので、だからこそ頭に突き刺さる、ド派手な音楽が嬉しいです。“この曲いいな、来週も見よう”っていう気持ちになると思います。」引用元

〜小日向文世さんのコメント〜

「家に帰ると癒される曲ばかり聴いているので、こういう感じの曲調は落ち着かせてくれないというか、強烈ですね。これを聴いて疲れを癒すという感じではなくて、むしろ諌められるような気持ちになります。僕らがやっている芝居よりもされに辛い感じがして、僕たち3人が“お前らそのうち痛い目に遭うよ”って言われているような、“浮かれすぎるなよ”って言われてる感じがしました。」
引用元

Official髭男dismの他の人気曲もご紹介!

管理人のおすすめ曲をのせておきます。

・SWEET TWEET
青春真っ只中のラブソングといったところでしょうか。
とても甘酸っぱい曲で、Official髭男dismのコンセプト通りポップでキャッチーの代表作といってもいいのではないでしょうか?

・恋の前にならえ
この曲は、ボーカルの藤原さんがカラオケボックスにギターを持ち込んで作曲したそうです。カラオケボックスは、1人で集中できる!ドリンクバーがついている!煮詰まったら歌える!ということでいい環境なんだそうです。

・異端なスター
この曲はなんとYouTubeの再生回数が100万回を超えていて、髭男のファンたちの中でもこの曲が1番好きと答える人も多いのではないでしょうか。

・コーヒーとシロップ


この曲は、ボーカル藤原さんの社会人として働いた実体験を元に作られた「新社会人」をテーマに作った曲です。
そして、この曲は弱音を吐きながらも、「いつか一人前になるために辛くとも頑張って行こう」というメッセージを込めて作ったそうです。

まとめ

初めてOfficial髭男dismの曲を聞きましたが、なんとも言えない綺麗な声に軽快で深みのある音楽が合わさっていてとても良い曲・良いバンドだと感じました!
ミュージックビデオもとても独特で観ていて楽しい気持ちになります。

そんなオリジナリティの高いOfficial髭男dismの新曲「ノーダウト」。
どんな曲になっているのか今から楽しみです!!
そして、ドラマの映像と合わさるとどんな化学変化が起こるのか想像もできないですね。

Sponsored Links
Sponsored Links


2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.